一般皮膚科診療|大阪梅田茶屋町 茶屋町皮フ科クリニック

茶屋町皮膚科クリニック
一般皮膚科診療

トップページ > 一般皮膚科診療

一般皮膚科診療のご案内

診療イメージ

茶屋町皮フ科クリニックでお悩みやご相談にも対応しています。
ここでは、茶屋町皮フ科クリニックヘでおこなっている、一般皮膚科の診療内容をご紹介いたします。
一般皮膚科の診療は、保険取扱いでの診療が主になります。
大阪、梅田茶屋町の美容皮膚科・一般皮膚科、茶屋町皮フ科クリニックは、下記のような診療をおこなっております。

ニキビ

にきびは尋常性瘡(じんじょうせいざそう)とよばれ、毛穴に皮脂が閉塞された状態のことを言います。
にきび治療は菌の活動を抑えるための内服薬や、ビタミンB剤の内服および外用薬などを使用しますが、表皮のターンオーバーを促進し、毛穴を詰らせないことが重要です。当院ではケミカルピーリングとあわせ、適宜組み合わせて治療をおこなっていきます。

湿疹・じんましん

原因はさまざまですが、当院では内服、外用薬、漢方など症状の程度にあわせて治療していきます。アトピー性皮膚炎の治療では、極力ステロイドを使わないで治療したいという患者様のご要望もお伺いいたします。

水虫

水虫とは白癬菌が皮膚の角層の入り込み、発育してる状態です。かならずしも「じゅくじゅく、痒みがある」わけではなく、角質肥厚型など、かかとのがさがさも水虫の可能性があります。

爪水虫

爪の水虫を「爪白癬」と言います。爪に白癬菌の感染を生じたために、爪の色が白く濁ったり、爪の厚みが増大して変形したり、爪がもろく崩れやすくなったりした状態のことを言います。抗真菌剤の内服薬で治療していきます。 飲み薬は体に吸収され、水虫:血液の流れによって爪に運ばれ、爪の内側から効果的に白癬菌を治療します。

アトピー性皮膚炎

ステロイドやプロトピックの外用を基本としながら、抗アレルギー薬内服で症状をコントロールします。
一時的な症状をとるのでなく、アトピー体質を根本から改善させる目的でその方にあった漢方薬を処方いたします。
また、慢性的なアトピー性皮膚炎による色素沈着の治療も行っております。

▲TOP

梅田 茶屋町皮膚科クリニック 診察内容:皮膚科診療/形成外科 大阪市北区鶴野町2番3号 アラカワビル1F 阪急「梅田駅」茶屋町口より北へ徒歩5分アクセスマップ
当クリニックでは保険診療を行っております。

Copyright 2008©Chayamachi Dermatology Clinic All rights reserved.