美容皮膚科診療

トップページ > 美容皮膚科診療 >マイセルACR療法(自己多血小板血漿療法)

マイセルACR療法(自己多血小板血漿療法)Mycells Acr Therapy

ACR療法は自分の血液に含まれる血小板を使って、自分の力で自分の皮膚の若返りを図る話題の再生医療です。血小板には止血効果(血液を止める作用)と創傷治癒効果(出来た傷を治す作用)があります。この治療は後者の傷を治す効果を応用した治療で、血小板に含まれる成長因子が体の細胞を元気にして若返らせる為、シワやタルミなどの改善を図ります。ご自身の血液を使用するため、副作用やアレルギーの心配がほとんどない治療になります。ヒアルロン酸のように気になる部分を膨らませてお肌にハリを与える注入法とは違い、若返りを促進させる治療です。効果は約2W~2ヶ月かけ徐々に状態が改善されていき、仕上がりも自然な感じになります。

ACR療法での治療が可能な部位

目の下のちりめんじわ・目の下の凹み・ホウレイ線・
ゴルゴライン・マリオネットライン・頬のコケ・ニキビ跡・肌のハリ

Flow

ACR療法の流れ

❶ 診察

洗顔後、お悩みの部位にACR療法が適しているか診察させて頂きます。適していると判断した場合、ACR療法の効果についてやリスクの説明をし、ご納得いただければ同意書にサインを頂きます。

❷ 麻酔クリーム塗布

ベッドに横になって頂き、痛みを和らげるために麻酔のクリームを塗布させていただきます。

❸ 採血

血液検査と同じように腕の静脈から採血をします。

ACR療法 採血

❹ PRP(血小板)の抽出

採血した血液を遠心分離器にかけ、血漿と血球に分離させます。
そしてさらに血小板を多く含んだ血漿を抽出します。

アフターケア

❺ 注入

麻酔クリームを拭き取り、処置室に移動します。注入する部位を医師と相談しながら決め、マーキングしていきます。そしてマーキングをした部分を消毒し、ゆっくり注射していきます。所要時間は約40分程度です。

アフターケア
アフターケア

❻ 注意事項の説明

止血を確認し、ACR後にご注意いただきたい日常生活での注意点をお伝えし、終了となります。

Effect

ACR療法の効果

  • ACR療法施術例写真50代男性
  • ACR療法施術例写真40代女性

注意事項

  • 注入部位の痛みが生じる事がありますが、数時間で軽減します。
  • 腫れは2~3日続く場合があります。内出血が生じた場合は、5~10日ほどで良くなります。

Price

ACR療法の料金

マイセルACR 1本 ¥140,000 (税込¥151,200)
2本 ¥190,000 (税込¥205,200)

▲TOP